スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Genesis ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • From Genesis to Revelation - 創世記 (1969)
  • Trespass - 侵入 (1970)
  • Nursery Cryme - 怪奇骨董音楽箱 (1971)
  • Foxtrot - フォックストロット (1972)
  • Selling England by the Pound - 月影の騎士 (1973)
  • The Lamb Lies Down on Broadway - 眩惑のブロードウェイ (1974)
  • A Trick of the Tail - トリック・オブ・ザ・テイル (1976)
  • Wind & Wuthering - 静寂の嵐 (1976)
  • ...And Then There Were Three... - そして3人が残った (1978)
  • Duke - デューク (1980)
  • Abacab - アバカブ (1981)
  • Genesis - ジェネシス (1983)
  • Invisible Touch - インヴィジブル・タッチ (1986)
  • We Can't Dance - ウィ・キャント・ダンス (1991)
  • Calling All Stations - コーリング・オール・ステーションズ (1997)

ライヴ・アルバム

  • Genesis Live - ライブ (1973)
  • Seconds Out - 眩惑のスーパーライブ (1977)
  • Three Sides Live - スリー・サイド・ライブ (1982)
  • The Way We Walk, Vol. 1: The Shorts - シングル・ヒッツ・コレクション:ライブ前編 (1992)
  • The Way We Walk, Vol. 2: The Longs - もうひとつのジェネシス:ライブ後編 (1993)
  • Live Over Europe 2007 - ライヴ・オーヴァー・ヨーロッパ 2007 (2007)

ボックス・セット

  • Genesis Archive 1967-75 - アーカイヴ 1967-1975 (1998)
  • Genesis Archive #2: 1976-1992 - アーカイヴ#2 1976-1992 (2000)
  • Genesis 1976-1982 - *** (2007)
  • Genesis 1983-1998 - *** (2007)
  • Genesis 1970-1975 - *** (2008)

コンピレーション・アルバム

  • Rock Theatre - *** (1986)
  • Turn It on Again: The Hits - ジェネシス・ベスト・アルバム (1999)
  • Platinum Collection - プラチナム・コレクション (2004)
  • Turn It on Again: The Hits - The Tour Edition - ジェネシス・ベスト 2007 (2007)
  • Turn It On Again - The Hits / The Video Show - ギフト・パック (2008)

映像作品

  • Genesis: In Concert - ジェネシス・イン・コンサート1976 (1976)
  • Three Sides Live - スリー・サイド・ライヴ (1982)
  • Genesis Live: The Mama Tour - ジェネシス・ライブ~ザ・ママ・ツアー (1984)
  • Visible Touch - ヴィジブル・タッチ (1987)
  • Invisible Touch Tour - Hi-Def Live インビシブル・タッチ・ツアー (1988)
  • A History of Genesis I - ヒストリー・オブ・ジェネシス1 (1990)
  • A History of Genesis II - ヒストリー・オブ・ジェネシス2 (1990)
  • Genesis: A History - ザ・ストーリー・オブ・ジェネシス (1991)
  • The Genesis Songbook - ザ・ジェネシス・ソングブック (2001)
  • The Way We Walk: Live in Concert - 8H! 超スーパー・ベスト・ライヴ (2002)
  • Live at Wembley Stadium - ライヴ・アット・ウェンブリー~インヴィジブル・タッチ・ツアー (2003)※『Invisible Touch Tour』の再発
  • The Video Show - ザ・ヴィデオ・ショー (2004)
  • When in Rome 2007 - ホエン・イン・ローマ…ジェネシス2007 (2008)
スポンサーサイト

Yes 紙ジャケット仕様[SHM-CD]限定盤

イエスのデビュー40周年を記念して、旧作15タイトルが2009年デジタル・リマスター音源で再発決定!

対象アルバムは、デビュー作『Yes/ファースト・アルバム』から1987年発表『Big Generator/ビッグ・ジェネレイター』までのスタジオ盤とライヴ盤あわせて15作品。いずれも英国E式オリジナル仕様による紙ジャケットで、高音質CD「SHM-CD」によるリリースです。

発売日は7月8日に8タイトル、7月22日に7タイトルを予定。価格は税込2,580円(『9012Live: The Solos/ライヴ 』のみ税込2,100円)。2枚組は税込3,480円となります。

今回は、80年代作品までのリリースということで、90年代以降と “アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ(ABWH)” 名義の作品はもう少し待たないとダメみたいですね。

なお、8日には旧作DVD3タイトルも同時発売される予定です。

2009年7月8日発売

  • Yes
    イエス・ファースト・アルバム
  • Time and a Word
    時間と言葉
  • The Yes Album
    サード・アルバム
  • Fragile
    こわれもの
  • Close to the Edge
    危機
  • Yessongs
    イエスソングス
  • Tales from Topographic Oceans
    海洋地形学の物語
  • Relayer
    リレイヤー

2009年7月22日発売

  • Going for the One
    究極
  • Tormato
    トーマト
  • Drama
    ドラマ
  • Yesshows
    イエスショウズ
  • 90125
    ロンリー・ハート
  • 9012Live: The Solos
    ライブ
  • Big Generator
    ビッグ・ジェネレイター

2009年7月8日発売:DVD

>> Yes ディスコグラフィ

Yes ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • Yes - イエス・ファースト・アルバム (1969)
  • Time and a Word - 時間と言葉 (1970)
  • The Yes Album - サード・アルバム (1971)
  • Fragile - こわれもの (1971)
  • Close to the Edge - 危機 (1972)
  • Tales from Topographic Oceans - 海洋地形学の物語 (1973)
  • Relayer - リレイヤー (1974)
  • Going for the One - 究極 (1977)
  • Tormato - トーマト (1978)
  • Drama - ドラマ (1980)
  • 90125 - ロンリー・ハート (1983)
  • Big Generator - ビッグ・ジェネレイター (1987)
  • Anderson Bruford Wakeman Howe - 閃光 (1989) ※ABWH
  • Union - 結晶 (1991)
  • Talk - トーク (1994)
  • Open Your Eyes - オープン・ユア・アイズ (1997)
  • The Ladder - ラダー (1999)
  • Magnification - マグニフィケイション (2001)

ライヴ・アルバム

  • Yessongs - イエスソングス (1973)
  • Yesshows - イエスショウズ (1980)
  • 9012Live: The Solos - ライヴ (1985)
  • An Evening of Yes Music Plus - イエス・ミュージックの夜/アン・イヴニング・オブ・イエス・ミュージック・プラス (1993) ※ABWH
  • Keys to Ascension - キーズ・トゥ・アセンション (1996) ※含スタジオ録音
  • Keys to Ascension 2 - キーズ・トゥ・アセンション2 (1997) ※含スタジオ録音
  • Something's Coming: The BBC Recordings 1969-1970 - BBCセッション1969-1970~サムシングス・カミング (1997)
  • House of Yes: Live from House of Blues - ハウス・オブ・イエス~ライヴ・フロム・ハウス・オブ・ブルース (2000)
  • Live at Montreux 2003 - ライヴ・アット・モントルー2003 (2007)
  • Symphonic Live - *** (2009)

ボックス・セット

  • Yesyears - イエスイヤーズ (1991)
  • In a Word: Yes (1969- ) - ヒストリーBOX (2002)
  • The Word is Live - ライヴ・イヤーズ (2005)
  • Live and Solo: The Collection - *** (2006)
  • Essentially Yes - *** (2006)

コンピレーション・アルバム

  • Yesterdays - イエスタデイズ (1975)
  • Classic Yes - クラシック・イエス (1981)
  • Yesstory - イエスストーリー (1992)
  • Highlights: The Very Best of Yes - ベスト・オブ・イエス (1993)
  • Yes, Friends and Relatives - イエス,フレンズ・アンド・レラティヴズ (1998)
  • Yes, Friends and Relatives Vol.2 - イエス,フレンズ・アンド・レラティヴズ2 (1998)
  • Astral Traveller - *** (1999)
  • The Best of Yes - ベスト・オブ・イエス(1970-1987) (2000)
  • Keystudio - *** (2001)
  • The Ultimate Yes: 35th Anniversary Collection - アルティメイト・イエス (2003)
  • (Re)Union: Priceless Collection - *** (2004)
  • A Superb Collection of Studio, Live and Solo Yes Classics - *** (2005)

映像作品

  • Yessongs - イエスソングス (1973)
  • Live in Philadelphia - ライブ・イン・フィラデルフィア 1979 (1979)
  • 9012Live - 9012ライヴ (1985)
  • In the Big Dream - イン・ザ・ビッグ・ドリーム (1989) ※ABWH
  • Yesyears: A Retrospective - イエスイヤーズ (1991)
  • Greatest Video Hits - 暦 (1991)
  • Yes: Live - 1975 at Q.P.R. - ライヴ1975 (1992)
  • An Evening of Yes Music Plus - イエス・ミュージックの夜 (1993) ※ABWH
  • The Union Tour Live - イエスショウズ’91 (2000)
  • House of Yes: Live from the House of Blues - ハウス・オブ・イエス (2000)
  • Keys to Ascension - キーズ・トゥ・アセンション (2001)
  • Symphonic Live - シンフォニック・ライブ (2002)
  • Yesspeak - イエススピーク (2004)
  • Yes Acoustic: Guaranteed No Hiss - *** (2004)
  • 35th Anniversary Concert: Songs from Tsongas - 35周年記念コンサート (2005)
  • Live at Montreux 2003 - ライヴ・アット・モントルー2003 (2007)

関連記事

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR
プロフィール

drfred

Author:drfred
音楽アルバム等の備忘録
70年代ロックを中心とした
YouTube動画のblog『脳みそサラダ外科』をやっています。
そちらもよろしく!

ブログランキング
人気ブログランキング
HMV ONLINE
Amazon

 

 

アフィリエイト サービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。